WHO、武漢の調査終了もどの発言を信じれば良いのか?わからなくなる

WHO、武漢の調査終了もどの発言を信じれば良いのか?わからなくなる

発見から1年以上が過ぎて、ようやくWHO(世界保健機関)の調査団が中国湖北省武漢市で調査をし、結果報告の報道がなされた。

ヤフーニュースにあったように、「WHO新型コロナ起源調査終了 中国主張に沿う「結論」目立つ」
との思いが第一印象だ。

1月:
WHO 新型コロナ発生源の調査で中国に入国できず 失望を表明
2021年1月6日
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210106/k10012798901000.html
という報道があった。(調査団の受け入れる準備がまだできていなかった=証拠の隠滅にもっと時間が必要だったのではないか?と疑惑を持ってしまう出来事となった。)

2月:、
2021年2月6日
WHO中国調査団メンバー「新型コロナ起源解明、数年かかる可能性」
として、新型コロナ起源解明には「数年かかる」という報道がなされた。
https://jp.reuters.com/article/health-coronavirus-who-dwyer-idJPKBN2A52BZ

そして、昨日2021/02/10のWHO調査団の主な調査内容では、
武漢ウイルス研の流出疑惑「極めて低い」WHO調査団
https://www.asahi.com/articles/ASP296TZHP29UHBI03W.html
との報道がなされた。
報告された内容:
感染拡大の経路   輸入食品の可能性も排除せず(中国の主張と一致)
武漢ウイルス研究所 流出した可能性は極めて低い(流出したとする証拠がない)
宿主の野生生物   特定には至らず(遺伝子配列はコウモリとの相関)
「治療に当たった233か所の病院の病例や死亡率から判断した」とした。

数年かかるという報道から、3日後に中国側の主張にそう「結論」が導き出されて、信憑性についての疑問を持たざるを得ない。

2021年2月10日 BBC ニュース新型コロナウイルスの起源を探っている国際保健機関(WHO)が主導する調査団は9日、このウイルスが中国の研究機関から流出した可能性はほぼないとした。https://www.bbc.com/japanese/56005960